20160124 of Central Sun Ascension Report

/2016年後半から新しいサイクル/今の人々は1~2つの材料で判断している/今後は多くの材料で判断すること/金銭への執着をなくす/金銭にコントロールされる生き方をやめる/お金がないという意識をなくす/表面的な生き方をやめること/

2016/1/25 埼玉新年セミナー

このメッセージのいいねポイントは

多くの材料で判断できる能力を養う


①金銭に支配される生き方をやめること

私たちは光りのハイアラーキとしてお話をいたします。皆さん方の今の次元世界において今年の動きを話していきます。皆さん方のこの2016年という年は、一人ひとりの歪みを調整しながら自分の進むべき道をつくり上げていき、自分の新しい流れを固定化させるエネルギー的な動きが加速されていきます。元々この地球自身が2016年の後半から新しいサイクルに入っていき、新しいサイクルに入ってもまだ完全にはシフトされていないために、少しずつ調整しながら新しい流れに入っていく状態になっております。

今はまだ完全に新しい流れに入りきったわけではありませんが、地球はあと数年で完全に新しい流れへと入ることになるでしょう。皆さん方の人間の意識、人類の集合意識レベルでまだ新しい流れに噛み合っていないところがあり、地球自身が新しいサイクルに向かっていても、人類の集合意識がそれに追いついていない状態になっております。

人類の集合意識を新しい流れに移行させるために、皆さん方から見た時、いわゆる天変地異やさまざまなトラブル、問題、理解できないこと、こういう事件や事故が頻繁に起こることになります。問題が起こるたびに皆で考え、なぜこうなってしまうのだろう、なぜこういう事件が起こるのだろう、それを皆が考え、その時にこれまでの考え方ではなく、新しい考え方、これまでとは違う意識レベルに引き上げていき新しい観点で見ていくと、いろんなものが見えてくる、今まで見えていなかった裏の世界や、今まで気にしていなかった細かいところが感じられるようになってきて、そういう新しい発想や新しい観点を使うことによって理解されていく、不可解と思われた現象が理解できるようになっていく、こうやって人類の意識レベルが上がっていくのです。

したがって皆さん方から見た時、理解できない現象、不可解な現象、あるいはこれまでになかった現象が現れてきた時、ただ理解できない、分からないで終わらせるのではなく、いろんな観点から考えて、それを本当に理解できる方向へともっていく、これまでの考え方ではなくもっと全体的な考え方、トータルな視点で見ていく、これまで見過ごしていたものや、これまで無視していたことを見ていき、総合的な観点で見ていく、こういうことがとても大事になっていきます。

これまでの人間の考え方は一つ二つの方向性だけで考え、それだけですべてを決めてしまう、一つ二つの要素だけで全体を決定してしまうという判断の仕方が普通に行なわれておりました。確かにそういう状況もあるでしょう。一つ二つの大事なことだけで決定して大丈夫、しかしこれからの時代はそういう判断はほとんど意味がない状態になっていきます。

物事を判断する時、最低三つ、四つ、五つくらいの要素を考え、それらで総合的に考えていく、こういうことがこれから頻繁に訪れてきます。皆さんの日常生活においても何かを考える時、一つの根拠、一つの材料だけで判断することがだんだん現実に合わなくなってきて、二つ三つ、四つ五つ、いろんな要素で考えて初めて総合的に判断することができる、こういう社会へと変化していきます。

自分自身の人生の流れにおいても、身近な判断においても一つの根拠だけで決めるのではなく、いろんなことから考えていく、総合的に考えていく、ぜひそういう意識を身につけていってください。一つの要素だけではなく複数の要素を考えるようになると、必ずしもすべてを満たす、すべてを満足させるということができなくなってきて、五つの観点から見て、三つまでは許せるけれども他の二つは許せないとか、いろんなことが複雑に絡み合ってきます。

すべてが良い方向ということがなかなかできなくなってきて、ある程度何かを犠牲にする、何かを失わせる、何かは自分自身の犠牲的なもの、自分自身のやりたくないことをあえて受け入れて、そして全体で良い方向を目指す、こういう判断の仕方が必要となってくるのです。したがってまず皆さん方が他の人に対して判断する時も、一つの見方で他の人を切り捨てたり、受け入れたりするのではなく、複数の要素で他の人を受け入れ、あるいは他の人を判断していく、こういうことがとても大事になってきます。

一つの要素だけですべてを決定するのではなく、いろんな観点で人々を見ていく、いろんな観点で判断していく、こういう見方を取り入れるようにしておいてください。また大きな決断が必要な時、とても大事な要素が現れてきて、自分はどうしてもそれを許せない、どうしても一つの要素が気に入らないという状態も出てくるでしょう。

感情的に満足できない、感情的に受け入れることができない、これまではそういう要素ですべてを否定したり、相手を拒絶することも許されてきました。しかしこれからの皆さん方の進むべき道は感情的な要素で切り捨てたり、感情的なことで受け入れるということが無理になってきます。感情的には許せなくても他の要素ではすべて受け入れなければならない、あるいは感情的には自分の心がときめいてどうしても受け入れたいけれども、いろんな他の要素を考えると受け入れては良くない、こういう判断基準がこれから多くなっていきます。

これまでのように感情的な要素だけで否定する、受け入れるということが現実に合わなくなってきている、感情とは反対にいろんな観点から見て受け入れる必要がある、あるいは退ける必要がある、こういう判断が求められてきます。これまで感情を中心に判断してきた人は、理性や知性が要求されてきて、いろんな幅広い観点で物事を考えていく、こういう時代へと入っていくのです。

なかなかすぐにはそれができない人もいるでしょう。そのために最初は二つ三つの判断の基準、感情のほかに理性的な面や道理的な面での判断基準が要求されてくるでしょう。二つ三つで考えている判断基準から四つ五つへの判断基準へと少しずつ広げていく、そういう感覚で自分自身の判断能力を多様な面で判断できるようにもっていってください。

また今年皆さん方が光の道へと正しく進んでいくために、逆に自分自身のネガティブな心、執着的な心を何度も見る状況が現れてきます。光の道へ進むためにはネガティブなものにつながっている心、執着している心をしっかりと見抜き、その心を手放す必要があるからです。自分自身は光りの道へ進みたいと思っていても、例えばなぜか金銭に執着している、いろんな面においてすぐ金銭のことを考えてしまう、これもある意味では光りに進めない原因になっていきます。

先に金銭を考えると、金銭的な社会が確実に自分につながってしまい、金銭にコントロールされた生き方、金銭にコントロールされた心が動いていき、いつまでたっても第三密度の世界から抜け出せなくなっていきます。皆さん方が金銭から解放されるためには、まずお金がないという意識を捨ててください。十分に必要なものは必要な分だけ与えられている、自分の生活に見合った必要な分だけが確実に与えられている、これをはっきりと理解し考え方を変えることが必要になります。

そして自分に必要な金銭はこれからも必要な分だけ与えられ、自分の学びに必要な金銭も必要な分だけ入ってくる、これを心から信ずることが必要になります。金銭のために働くという意識を捨てていき、必要な分だけ金銭が入ってくる、これがはっきりと理解できると本当にそういう風に金銭のエネルギーが動いていき、その人に必要な分だけの金銭が常に入るようになっていきます。

金銭のために働くという意識をもっていると、いつまでたっても第三密度の束縛から抜け出ることができず、常に金銭に縛り付けられた生き方が自分をコントロールするようになってしまいます。自分が金銭にコントロールされるのではなく、自分が金銭をコントロールしている、確実にそういう意識になるようにもっていってください。

毎日が忙しくて時間がない、勉強する時間も瞑想する時間もない、こういう風に考えている人も第三密度に完全に束縛されている生き方になっています。忙しくて時間がないというのも実際にはそう自分で自分を正当化しているだけであり、本当に時間がないわけではありません。時間はいくらでもつくることが可能になるのです。やるべきこと、しなければならないことがたくさんある、そう思っていると常にしなければならないこと、やらなければならないことがどんどん増えていきます。自分は忙しくて時間がないという人に、やるべきことがどんどん近づいてきて、余計に時間がなくなるように1日がつくられていくのです。

時間はいくらでもある、やりたいことが何でもできる、しようと思えば何でもできるという自由な心をもっていると本当に1日を自由に生きることができ、必要なこと、やるべきことだけで十分に1日を過ごすことができます。勉強にしても瞑想にしても、これは毎日確実にできるという強い意志をもち、それだけの時間が毎日十分にあると確実に信じていると、必ず瞑想する時間がつくられていきます。

自分で自分の1日の流れを先につくってしまい、それで時間がない、時間がないという毎日を過ごしていることが多いものです。第四密度の流れに入るためには1日の時間を自分でコントロールしていく、やるべきこと、できることを自分でコントロールしていき、いくらでも時間が1日に余っている、こういう風に意識をしっかりともって、確実にできることは次々とこなしていく、今できることを今こなしていく、これをしっかりと行なっていってください。

時間がなくて何もできないという人ほど、今できることをやっていないことがとても多いものです。実際に今できることを今のうちに行なってしまう、今しなければならないことを今のうちに終えてしまう、このようにして今を十分に生きていくと1日にいろんなことができるようになっていきます。また第四密度に向かうためには自分と他の人の人間関係について深いレベルで考えていく必要があります。

多くの人は表面的な人間関係だけをとらえておき、自分にとって大事な人か大切な人か、一つの基準だけで考え、なるべく人間関係を悪化させないようにいろんなことを考えていきます。しかし人間関係を悪化させるとか、もっと良くさせるというのはまったく無意味な心の動きであり、それ自身は何の努力の成果も関係することはありません。

それぞれ一人ひとり必要な時に必要な人が現れて、必要なことを行ない、必要がなくなれば離れていきます。あくまでも近づいてくる人には意味があり、離れていく人も役割が終わっただけのことであり、そこに執着したり拒否したりする心を一切動かさないようにしておいてください。近づいてきた人、縁のある人にはそれなりの意味があり、熱心に接すること、離れている人や離れていった人にはそれなりの意味があり、もう自分とはエネルギー的なつながりがないこと、今自分の身近にいる人が自分が接する人であり、そういう人としっかりと絆をつくり上げていく、そういう意識だけをしっかりもっておいてください。

余計なことをいっぱい考えると、いわゆる気苦労が多くなり、つながる必要のない人とエネルギー的なつながりをつくってしまい、逆にそれでエネルギーに負けてしまい、苦しむケースが多くなったりします。自分にとって今大切な人は誰なのか、自分にとって今接する人、今コミュニケーションをとる人は誰なのか、それをよく理解した上で、そことのエネルギーをしっかりとつくり上げていく。去る人、離れている人にはあえて余計なエネルギーを出さずに、そのまますんなりとエネルギーをきれいにしておく、こういう感覚で人間関係をよりきれいなものにつくり変えていってください。

今年の前半期は自分の今もっているエネルギーをしっかりと見ていきながら、執着的なもの、ネガティブなものを整理していき、良い流れへとつくり変えていく、こういう作業が多くなっているでしょう。自分の中のネガティブなエネルギーを発見したり見たとしても、決して心は否定的にしないようにしてください。ネガティブな心を見つけてもそれを喜びとしてネガティブなものを良いものへつくり変えていく、執着しないようにしていく、常に心を改め良い波動へと切り変えていく、そういう発想で常に良い心へ、良い心へとシフトしていくようにしていってください。


Aさんの今年の流れにおいて、あなたの今年の流れは三つの段階で動きが変化していきます。まず最初の段階ではこれまでの自分の人生の流れにおいて、不完全だったもの、完全に処理できなかったところが戻ってきて、これを再体験することになります。その時に光りの方向、正しい方向をしっかりと見極め、前回とは異なり正しい心でしっかりと選択した時は、これまでのエネルギーが変化していき新しい自分の方向を確認することができるでしょう。しかしこれまでと同じことを繰り返すとさらに重いエネルギーがまとわり付いてしまい、先に進むのが困難になっていきます。二番目の段階においては、少しずつ光の方向に向かいはじめた時に、苦手だったこと、嫌なこと、いつもだったら自分は逃げていたもの、そういうものが現れてきて自分自身が本当の正しい方向へと意識を向けるかどうかというテストが行なわれていきます。自分が苦手なもの、嫌なことであったとしても、やるべきこと、正しいこと、そこに意識を向けるかどうかというテストであり、自分の逃げていたことはや嫌なことではなく、それでも正しい方向、良い方向を自分で行動できかどうかというチャレンジが行なわれていきます。これを無事に過ごしていき、これまでの自分の苦手なことや逃げていたことから離れていき、正しいことへ、正しいことへと向かうことができた時、次の段階に入っていきます。次の段階というのは正しい、あるいは光の選択だけを行なうという確認の段階であり、常に自分にとっていわゆるネガティブなこと、嫌なこと、不自然なことばかりが現れてきながらも、それに負けることなく正しいことだけをやり続ける、嫌なことばかりが押し寄せてきても常に一つの正しいことだけを行なっていく、こういう最終テストが行なわれていきます。これが正しく行なわれていくと、あなたの流れる道は第四密度への新しい道へとしっかりと向かっていき、祝福された光の流れに入ることができるでしょう。

Bさん、あなたの今年の流れにおいて、今年はある意味では去年と同じようなパターンが繰り返されていきます。元々去年のうちにパターンを修復し、新しい流れの道をつくる仕組みができておりましたが、去年この自分のパターンを修正する流れにおいて、去年がまた同じパターンを繰り返してしまう、新しいパターンに入ることができずにいつものパターンを繰り返す、こういったことが多かったために、その最終的な修練が今年現れていきます。したがって今年の流れにおいて去年と同じようなことが繰り返されている、去年と同じような状況がまた現れてくる、こういう風に感じた時は、それは去年と同じ選択が間違っていたこと、去年とは違う道を行く必要があること、それを見つけていき、去年とは違う良い道、去年とは異なる光の道を見つけていき、それ選択する必要があります。去年と同じことを繰り返すと、新しい道はほとんど見えなくなっていき、これまでの選択だけでつくられる道が何度も何度も続くことになります。したがってこれまでとは異なる新しい流れに入るためには、勇気をもってこれまでと違う選択肢を見つけ、そこを歩いていく、これまでいわゆる人に任せたり、誰かに任せたり、逃げていたり、あるいは単なる常識やいつものやり方、これにこだわっていた部分をすべて自分で見直していき、自分で考え、自分の心が良いと思うこと、あるいは常識やルールではなくて天の基準から見て正しいと思うもの、そういったものを見つけていき、これまでとは異なる方法を見つけていく、こうやっていつものパターンから抜け出ていき新しい流れの中に入るようにしていってください。

Cさん、あなたの今年の流れは、これまでいろんな道を歩き、いろいろと別の流れに入ったりしてきましたが、去年から今年来年にかけて、これまでの道がかなり整理されていき、新しい道の流れへと再編成されていきます。この再編成の流れの中で今はこれまでの道をある程度確認したり、復習したりしていきながら自分の心に合う道、自分の本心に合う道をつくり出していく、誰かに決めてもらうとか、誰かにつくってもらう、誰かの後を歩くという道ではなく、自分に見合った道を自分自身でつくり上げ自分で歩いていく、こういう道を歩くことになります。したがってあなたが今つくり上げている道は決まった道とか、これまでの道を繰り返すとかいう生き方ではなく、今新しい道を一つひとつつくり上げていく、こうやって毎日毎日が新しい道となるように生きる必要があるのです。これから押し寄せてくるいろんな選択肢、いろんな分岐点においても、これまでの経験則を使わないようにしてください。これまではこうやっていた、いつもはこうだった、普通はこういう風にする、こういう意識を完全に取り外していき、今この道は自分はこっちへ行く、今はこの選択をする、今はこう考え、今はこういう風にやっていく、常に新しい道を自分で見つけ新しい道を歩いていく、これまでのやり方や経験則ではなく今自分が正しいと思う道を歩いていく、こういう意識が必要になります。またそのためには他の人に聞いたり、他の人のアドバイスを参考にしようとしても、ほとんどが当てはまらなくなっていくでしょう。これまではある程度人の意見が参考になったり、人の言う通りにしても生きることができましたが、これからのあなたの道は人からのアドバイスはまったく無意味になり自分に当てはまらなくなっていきます。自分で考えること、自分で感ずること、これが一番大事であり、自分の道を自分で歩いていく、こういう生き方があなたに必要となってきます。この生き方を今年中に完全にマスターして自分で自分の生き方を決め、自分で歩いていく、これができるようになると来年以降の生き方もこれができるようになっていき、あなたを新しい流れへと導いてくれるようになるでしょう。

Dさん、あなたの今年の流れにおいて、あなたは今年いくつかの試練のような現実を体験することになります。試練といってもあなたから見て試練かどうかは分からないかもしれません。いわゆる人間的に言う辛い試練という意味ではなく、光の道かそれともまったく反対の道か、これを見極める試練であり、必ずしも人間的に見た試練とは異なっております。人間的に見れば何でもない普通のやり方、いつもの道をただそのまま歩く、そのようにしか見えないかもしれません。しかし光の世界から見た時、いつもの道が実際には光でない道であった、分岐点においてまたいつもと同じ光ではない道を歩くか、それともそこで気づき光の道を歩くのか、これは大きな分岐点ですが人間の意識から見れば、またいつもの状況がやってきた、いつもと同じ現実がやってきた、そうとしか思えないかもしれません。しかしこのように人間から見るとほとんど分からないような何ともない普通の現実であったとしても、宇宙から見た時、光の道に歩いていくかそれとも光から離れていくか、こういう大きな分岐点であること、こういう分岐点が今年何度か現れてきます。あなたがその時にしっかりと心で感じ、いやいつもと同じこういうの道を歩いていくと光から離れていく、いや光ではない道をまた歩くことになる、そう感じた時、そこで勇気をもっていつもとは違う道を選び、そして本当に光の道を歩んでいく、こういう力が必要となっていくでしょう。このいつもとは違う光の道というのは、あなたから見た時は恐らく何も感じないかもしれません。少し大きな観点で自分のマインドだけで考えるのではなく全体的に考えた時に、全体が良くなる方向、全体的に見て進化する方向、これが光の道になります。場合によっては自分自身が犠牲になっても全体が良くなる時には全体が良くなる方向が光の道になるのです。自分自身が喜びを感じる、自分自身が楽しくなるというのが必ずしも光の道ではないこと、これを基準にして自分が進むべき道が光の道なのかどうか、これを確認しながら正しい光の道を選ぶことができるようにしていってください。

Eさん、あなたの今年の流れにおいて、あなたは心のレベルで身につけているパターンのようなものがいくつか備わっております。いわゆるパターン、繰り返すこと、人間関係において、あるいは人とのつながりにおいてまた同じような現象が繰り返される、こういうパターンをあなたはもっており、このパターンにしがみついている傾向があります、この人とはいつもこのようにやっていく、あるいはこういう場所でこういう人たちとはこのようにしていく、こういうパターンに慣れていることがあり、パターン通りに生きていることで安心する、何か自分がそこにいる一つのチームや皆とつながり、一緒にいるという感覚を味わえて喜びとなって感じられる、こういうパターンがあるのです。このパターンは実際には人間の成長を止めてしまい、先へ進むことをできなくさせてしまいます。これで良い、これで安心という意識が成長を止めてしまい、変化を拒否してしまうのです。成長するということはこういうパターンを壊していき新しい自分になる、これまでとは違う自分に意識を変えていく、これが成長することであり、パターンに慣れ親しんだ自分を変えていく意識が必要となるのです。そのためには自分のパターンに気づき自分のパターンそのものを変えていく、今のパターンをある意味では崩壊させもっと良いものへとつくり変えていく、こういう意識をつくり上げてください。いつもの仲の良い一つのパターン、皆でこうしたいとか、こういう時はこうするとかいうパターンに気づいた時、そのパターンそのものを一段階引き上げていく、いわゆる執着のないパターン、依存のないパターン、馴れ合いのないパターン、常に意識を進化させるために問題意識をもってより良いものへと意識を広げていく、皆で何かを考え、皆で新しい意識になるように意識を高めていく、こういう一つの意識レベルへと引き上げていくのです。パターンに染まることを安心したり良いことと思わず、むしろパターンに気づいたり、より高い意識レベルへもっていくように何か工夫してみる、問題提起をしてみる、新しい話題をつくり上げそこに行くように皆で意識を高めていく、こういう発想を常に持ったパターンを抜け出て新しい意識レベルへと入っていく、こういうことができるようになっていくと、あなたは古い流れに執着していたエネルギーから解放されていき、新しい意識レベルの中に入ることができるようになっていくでしょう。

Fさん、あなたの今年の流れにおいて、あなたには明らかな選択がいくつか訪れることになるでしょう。本当に右に行ったら良いか、左に行ったら良いか、どっちを採用したら良いのか、あるいは進むべきか止まるべきか、こういう明らかな選択が何度か訪れてきます。この一つひとつの選択がまさしく古い地球の第三密度に向かうのか、新しい地球の第四密度に向かうのか、これを決定させることになります。一つひとつの選択においてしっかりと心で感じていき、古い地球の執着的な意識、依存、執着や支配、あるいはただ楽をしたいという人間の意識、そこに向かうのか、それとも成長する、光があり、より高い方向へ、あるいは他を生かす、人を生かすという方向性、意識が大きくなり宇宙的になる、こういう第四密度につながる方向性なのか、それを感じていき、物質的な選択ではなく、光の選択によって第四密度へと向かっていく、こうやって常に第四密度の方向へと行動をとっていくと、確実に自分自身が第四密度の世界へと近づいていることが理解できるようになっていくでしょう。

Gさん、あなたの今年の流れにおいて、あなたには光のマスターが常に近づいており、あなたが光の道を確実に進めるようにいろんな働きが行なわれております。ただあなたの現実から見た時、だからといって現実が常に光があるとか、現実が常に良い方向にいくとはまったく限りません。むしろ光のマスターがいる人ほど試練のある現実を体験することが多くなっていきます。あなたにとっての試練というのは、いわゆる人間関係においてつい感情的な働きによって人間関係を決めてしまう、理性よりも感情的なものが動いてしまい、それで人間関係を決めてしまうという状況があり、それによって光の道を見失ってしまう場合があります。光のマスターはわざとそういう現実を一杯引き寄せてきて、あなたが正しく自分の理性で乗り越えることができるかどうか、感情ではなく理性を使い、理性で自分の正しい道を認識することができるかどうか、常にこれを行なわせるように現実を動かしております。したがって自分自身がいろんな人間関係において何か感情的なものが動きそうになった時、理性を使って自分はどう接するか、どういう行動をとっていくか、どのように付き合っていくか、常にそこに意識を向けていってください。自分が正しく理性的に行動できるとまた次のテーマがやってきて、また感情を動かすような現実が訪れてきます。うまく進めば進むほど感情的に動く現実が押し寄せてきますが、ある意味ではうまくいっている時ほど次々とそういう現実が現れてきます。したがって単純に次から次とそういう現実が入っている時は確実に自分は理性を身につけ、先に進んでいること、自分が身につけた理性をより高めるために又次のテストが行なわれている、常にそういう風に考えていき、理性のレベルを引き上げていく、より大きな観点でより相手の心を感じ、より多くの人がうまくいくような方向へと理性を使って動き出していく、そういう意識でとらえ前に進むようにしていってください。

Hさん、あなたの今年の流れにおいて、あなたは今年の中くらいに大きな選択の時期が現れてきます。この大きな選択を迎える前に、ある程度小さな選択がそれよりも前に繰り返すことがあるかもしれません。もし小さな選択がいくつか繰り返され常にあなた自身を成長させる方向、あなた自身の愛や慈悲が大きくなる方向へと選択が行なわれていけば、大きな選択は少しずつ小さな選択へと変わることが可能になります。しかし小さな選択において自分自身の愛や慈悲をうまく使えない時は大きな選択となって、後で大きく戻ってくることになります。この選択というのは本当に人を許せるかどうか、どこまで人を許すことができ、どこから人を許せなくなるか、こういうテストと思ってもかまいません。自分が許せる範囲、自分が相手を受け入れる範囲がどこまでなのか、どういう人の心をどこまで自分は許し、どこから許せないという感覚になるのか、こういう試練とも言えます。したがって本当に自分がこれまでだったら許せない、絶対許すことができないという人が現れてもそういう人を大きな心で許し、大きな愛で相手を生かす、これができるようになると大きな選択において、あなたはしっかりと光の道へ新しい道へと進むことができるようになります。したがって普段からいろんなことで自分の心と相反する人が現れてきたとしても許していく、大きな心で受け入れていく、この練習を日々続けるようにしていってください。

Iさん、あなたの今年の流れにおいて、あなたは今年大きな大きなテーマを手にしながら自分をさらに成長させる流れへと進むことになるでしょう。あなた自身が強く強く先へ進み、さらに他の人に対し影響力を与えていくために、まず心の強さが要求されていき、また他の人を守るための光の強さ、他の人を導くための光の強さが要求されていきます。自分自身の心の強さと他の人を守る光の強さ、これが今年のあなたのテーマになっており、これを身につけるためのいろんな試練が常に行なわれていきます。一つひとつの試練が自分の心を強くする、あるいは他の人に対し光を強く出していく、こういう試練であるためにいろんな人とのかかわりの中で、自分が場合によっては不快感を感ずる、自分が何か落ち込んだり嫌な感覚になる、そういう感覚で得ながらもそこに止まることなく、常に心を強くして乗り切り、ただの現実として受け入れていく、ただの体験すべき現実と割り切って先へ進んでいく、こういう心の強さが要求されていきます。自分自身の心を強くしながらも周りの人に対しては慈悲をもってしっかりと光でつながっていく、去る人、拒む人、いろんな人がいたとしても、常に慈悲の心で光をつなげておくこと、これがあなたにとって大事な試練になります。仮に否定する人や離れていった人がいたとしても、常に慈悲の心でつないでおく、これを忘れないようにしておいてください。相手が離れたとしても自分の方から光を切ることはしないようにしておくこと、常に大きな心で光をつなげておき、自分自身はさらに強くなって先へ進んでいく、こうやって一年間を少しずつ強い自分へとつくるようにもっていってください。

Jさん、あなたの今年の流れにおいて、あなたは自分でも分かりやすいくらいに二つのチャレンジが必要となっているでしょう。このチャレンジというのは自分に対してのチャレンジであり、自分のできなかったことに対し自分でチャレンジしてできるようにもっていく、今までやりたくなかったこと、できなかったことに対して前向きに自分で挑戦し、自分でできるようにもっていく、こういう自分自身に対してのチャレンジが今年必要になってきます。この自分に対するチャレンジを自分で行ない、自分で取り組むことによってある意味では自分の皮が一皮むけ、二皮むけて、これまでとは違う自分の光やエネルギーが動き出していくのです。自分に対してまったく新しいやり方で自分の光を表に出すチャレンジ、トレーニングを重ねていき、これまでとは違う自分の光に気づき、自分の能力に目覚め、新しい能力を使いこなせるようにしていく、こういうことにより今まで自分がただ学んできたこと、ただ知識で理解してきたことが本当の自分の光で感じられるようになったり、本当に自分のエネルギーとして理解できるようになっていきます。こういう大きな心からの変身が今年あなたに与えられており、あなたがこのチャレンジをしっかり行なうことによって、あなた自身が明らかに新しい光の道に入った、新しい光の道を歩いている、こういう実感を得ることができるようになっていきます。自分自身がこのチャレンジにうまく入ることができず、これまでの人生をただ続けていると感じた時は、それは新しい道ではなく今までの自分の道をただ歩いている状態ということができます。そのために自分自身に対してしっかりと意識をもって自分自身の心やエネルギーを変えていく、ぜひそこに挑戦するようにしていってください。

Kさん、あなたの今年の流れにおいて、あなたは今年の流れ全般において大きな変化をそれほど感じないかもしれません。意識的に見たりエネルギー的に見ても、あまり大きな変化とは思わず普通に一年を過ごしたという感じになるかもしれません。ただあなたの魂から見た時、今年急速な変化が予定されており、あなたがこの魂の急速な波動の変化にどこまで心で感じ、どこまで受け入れ、どこまでそれに合わせていくか、それによって流れがかなり変わってきます。自分の意識そのものはいつもの意識、いつもの普段と変わらない現実の意識と思われますが、魂がとにかく表に出ようとしており、魂が現実の中により強く入ってくる、魂があなたの心の中により強く現れようとしている、こういう時期であるために、あなたは自分の内面にある魂に気づき、この魂を感じとり魂で生きようとすると、魂がどんどん表に現れてきてあなたと一体化した生き方ができるようになっていきます。ただ魂が表に現れてきてあなたと一緒に行動したとしても、あなたの意識そのものはそれが魂と一つという意識はほとんど認識はされないでしょう。いつもの自分という意識かもしれません。しかし魂がどんどん表に出てきて現実に影響を与えるとうことは、あなたにとって必要な人が常に自分の目の前に現れてくる、必要な情報、願っていたことが自分に現れてくる、自分にとって良い人、都合の良い人が現れてくる、こういう現実に現れてきます。したがって現実そのものは普段と変わらない現実のように思われますが、魂がしっかりと出てきた時は、必要な時に必要なものが手に入る、必要な状況が現れてきて常に必要な流れの方向に進んでいく、こういう現実として認識されるようになります。したがって自分の一年の流れを見た時、意識そのものではなく必要なものがうまく自分に現れてきているかどうか、自分にやってくる人がタイミング良く必要な人になっているかどうか、この観点でとらえるようにしてみてください。これがうまくいっている時は魂がどんどん表に出てきている、そういう証であり、それがそうなっていない時はまだ魂が表に現れていない、そういう時は自分なりに魂とつながるワークや瞑想、もっともっと魂のエネルギーを引き出す何らかのワーク、そういったことを行なって魂が少しでも表に出るように意識を向けていってください。

Lさん、あなたの今年の流れにおいて、あなた自身に今年現れてくる現象がいくつかあり、そのうちの一つはかなりあなたに大きな変化を与えるかもしれません。この大きな変化はあなたの現在の状況をかなり変える変化とも言えますが、それによってあなたは本当の光の流れに進んでいくか、それともこれまでの流れを繰り返すか大きな選択と完全に噛み合った状態になっております。したがって場合によっては、分かりやすい変化ということもできるでしょう。それによってあなたが光の道、正しい道を選択した時、現実もある意味では良い方向へと向かっていき、他を生かす方向、自分を生かす方向へと進むことができます。しかしこれまでと同じ流れ、いわゆる人間の物質的な意識、これまでと同じいつもの意識でそちらを選んだ時は光の道とは少し異なっていき、これまでの人間の流れをそのまま繰り返す波動になってしまいます。したがって大きな変化の時に自分が思い切って光の道、他を生かす方向、自分を鍛える方向、自分を成長させる方向を選んでいるかどうか、それをはっきりと理解して自分自身が光の道へと堂々と向かっていく、心から喜びをもって光の道へと進んでいく、そういう意識に向かうように心をつくっていってください。

Mさん、あなたの今年の流れにおいて、あなたが意識的にチャレンジすること、挑戦することがいくつか必要とされております。これまでの人生の流れにおいてあなたは自分で挑戦するよりは、他の人にいろいろやってもらう、他の人にしてもらうという波動が強くなっており、自分で挑戦する、自分で自分の殻を破り自分で抜け出てくるという力が弱くなっております。新しい光の世界に入るためには、自分で自分の殻を破るという力が必要であり、成長するということは自分の殻を自分で破るということが成長になっていきます。そのために自分でつくった自分の心の壁、私はここまでしかできないとか、私はこれで良いとか、このままで良いとか、そういう自分でつくった壁を自分で破壊させていき、自分で大きくなっていく、自分で強くなっていく、こういう働きが今年要求されてきます。今年の前半においては特に自分のやりたくないこと、自分がしたくないことが徹底的に押し寄せてきて、自分でせざるを得なくなる、自分でやらなければならなくなるという現実に入っていきます。ある程度自分で自分のエネルギーを変えることができるようになっていくと、今度は人とのかかわりの中で人間関係において嫌だったこと、やりづらかったこと、したくなかったこと、それを自分で率先してやるという流れに入っていきます。これをうまく乗り越えていくと魂が少しずつ動き出していき、魂の光によって自分自身の肉体や自分自身の環境を変えることができるようになっていきます。自分でできないという一つの壁をつくるとどうしても魂が動き出すことができず、自分の本来の光も失われてしまい、自分の人生が自分の人生ではない状態になっていきます。まず自分の魂の光をしっかりと出すために自分のつくり上げた一つの壁を壊していき、自分で自分の世界を広げていく、新しくつくり変えていく、そうやって魂をしっかりと表に出るようにもっていき、新しい光の流れに入るようにしていってください。

Nさん、あなたの今年の流れにおいて、あなたの魂はとても繊細であり、あなたの魂は細かいところに入り込んでいくとても精妙な魂の波動になっております。あなたの魂は精妙であるが故に波動の荒いもの、波動の低いものに反応することができず、常に高い方向へとあなたの魂が向かっていきます。これまでの毎日の生活において低い波動のもの、低い意識のものが近づいてくると本来あなたの魂はそこには何も反応せず、常に高いものだけに反応していきますが、人間の意識が低いところに向かっていき、低い波動のものを自分で喜びとして受け入れてしまったり、低い波動の世界で普通に過ごしてしまう状況があります。しかしこの低い意識の時は肉体が反応しているだけであり、魂はまったく反応しておりません。したがって自分が何か喜びとか面白い、楽しいと思っている時に魂が本当に喜びを感じているかどうか、それとも単純に脳のレベルで喜びと感じているか、これを見極めるようにしてください。いくら脳が喜びと感じていても魂が喜びと感じていない時はそれは低い波動の喜びであり、人間的な喜びであり、また第三密度の喜びということができます。あなたが喜びと感ずるものは魂が感ずるものであり、それは第四密度の喜びであり、常に自分を引き上げ、周りを光で満たしていく、これがあなたにとっての喜びの方向になります。したがってあなた自身は自分が毎日の生活の喜びの中で、頭で喜びと感じているか魂が喜びと感じているか、常にこれを見極めていく、これが見極めることができるようになっていくと魂の喜びを常に感ずることができ、魂の喜びが感ずる方向へと常に向かうことによってあなたは光の方向へと進むことができるようになります。普段から頭で考えているか魂で感じているか、常にそこに意識を向け、これを見極めることができるようにトレーニングを進めていってください。

Oさん、あなたの今年の流れにおいて、あなたはこれまでの学びにおいて少しずつ少しずつ魂を浄化し、心を洗練させ、新しい光の方向へと軌道修正を行なってきております。あなた自身が少しずつ光の方向へと向かっていきながらも、あなたにとってのこの光の方向へと邪魔となっているのが家族との関り、家族への思い、家族とのつながりという部分で何らかの一つのしこりがあったり、喜んで前に進めない意識がつくられております。自分が光の道を進めば進むほど何か家族と離れてしまう感覚が出てくる、自分だけで光の道を進んで良いのかどうか、皆を光の道に誘うためにはどうしたら良いのか、こういう迷いや思い、あるいは慈悲の思いがあなたの光の道を少し狭めております。今年はそれがさらに強く現れてくることになります。あなたが確実に光を強くし、光の方向に進めば進むほど家族に対するいろんな思いが強くなってきて、家族をどう導くか自分が理解していることを家族にどう伝えるか、自分がやってきたことを家族にどう教えていくか、いろんなところで心の葛藤が起こり自分の成長と家族の方向性、こういういろんな思いが今年つきまとうことになります。あなたにとっての光の道は、あなたが光の道に進みあなたが光を強くすれば、その光の影響が必ず家族にも入っていくこと、自分が光を強くし、光の道を進むと間接的にその光が家族に入っていくこと、まずこれをしっかりと覚えておいてください。家族そのものはすぐに効果が出るわけではありませんが、あなたが常に光の言葉を口に出し、常に光の行動をとっていくと少しずつあなたの光は家族の一人ひとりの心にも届けられることになります。ただあなたの光が家族の心に届いていくと、一人ひとりの家族の心の中で光と闇の葛藤が始まっていきます。一人ひとりは必ずしも光の方向を理解していないために、あなたの光によってより強く自分の心の闇を見たり、心の欲望を見ることになり、自分自身で不愉快な思いが沸き起こってきます。あなたが光を強くすればするほど家族の一人ひとりが闇を見たり、好ましくない感覚が沸き起こってくるのです。それに伴う家族でのいろんな対立や葛藤、いろんな衝突が今年あなたに訪れてきます。しかしあなた自身はそれによって自分の光を弱める必要はなく、また歩みを止める必要もありません。あなたはただひたすら光の方向に進み、ただ光を強くしていってください。家族の中で比較的光に敏感な人、光を良いものと思っている人があなたの光を正しく受け入れ、あなたの言葉を理解し光の道を続いてくることになります。そうすると他の人もだんだんその光の影響を受けていき、少しずつ自分の嫌な心を見ながらも、次第に光の量に押されていき少しずつ少しずつ光へと進むことができるようになっていきます。あえて心を変えさせようとか、焦る必要はなく、ただ自分が光を生きていく、光の方向に向かっていく、それだけで長い目で見て光で家族を満たすことができるようになっていきます。ただどうしても光を拒む人、どうしても光から離れていく人はあなたの問題ではなく、それは本人の選択であり、本人自身がその道を選んでいること、それを理解し、それを許し、ただその道を見てあげるようにしておいてください。

Pさん、あなたの今年の流れにおいて、あなたには大きな流れが目の前にあり、この大きな流れに思い切って入っていくか、それとも大きな流れに恐怖や恐れを感じてただ見ているだけにしているか、今こういう状態のところで止まっております。ここで意を決して大きな流れに思いっきり入っていく、これができるかどうかが今年前半に何度も訪れることになるでしょう。自分の目の前に大きな光の流れがある、そこに思いきって飛び込み大きな光の流れの一員となるのか、それともそこに恐れを感じただそれを見ているだけで過ごしていくのか、この時期が意外と続いていき、なかなか勇気をもって飛び込めない状態が続いていくでしょう。これをうまく乗り切るために自分自身が既に光であることを常に覚えておいてください。目の前に見て光を恐れているのは自分が光ではないと思い込んでいるところから光を恐れていることになります。自分も光であること、自分も光の流れであること、それをはっきりと思い出し、それを感じ、それ信ずることができた時、目の前の光の流れは何の恐れもなくなっていき、今の自分そのものであること、自分自身が光を求めていること、いろんなことが感じられてきて光の流れにスムーズに入ることができます。大きな光の流れを拒んでいる時は自分が光ではないと思っていること、それは光ではないものたちと一緒に過ごしているうち、自分がそうなってしまい、皆と同じである、自分は価値がない、そういう思いに負けてしまい、いつの間にか自分の光が失われてしまったものです。自分の光をしっかりと取り戻し光の流れに思いっきり入っていく、これができるようになればあなたは光の流れを進むことができ、自分自身を新しい流れに導くことができるようになっていくでしょう。

Qさん、あなたの今年の流れにおいて、あなたは今年大きな成長をすることができるでしょう。これまで魂が求めていたもの、魂が願っていたことが次々と手に入っていき、あなたにとっての本当の役割ややりたいこと、自分の光について多くを学ぶことができるでしょう。これまでは自分について意識し、目を向けながらもどうしても分からないことがたくさん残っておりました。そのために自分が何なのか、どうして良いのか、常に迷った流れの中に存在しておりました。今年はいろんなものが手に入り、理解したかったこと、手にしたかったことが次々と手に入り、本来の自分を取り戻した感覚に入っていきます。この自分の流れの中で自分自身の光の道に入るために、いくつかの試練が訪れてくるでしょう。これまだ身につけてしまった自分の考えの中にどこかで自分を否定する思い、まだ自分はできないとか、まだそういう価値がない、まだそういうレベルではない、そういう自分自身を否定する波動が身についており、これが光の流れを邪魔してしまい、正式な光の流れに入れないようにされております。したがって今年は自分自身の光を取り戻しながらも自分を否定しているもの、できないと思っているものをしっかりと見つけていき、それを手放していくこと、自分は本当はできる、十分に価値がある、そういう意識を取り戻して本来の自分の意識を完全に取り戻すことができれば、あなたは自分の流れをしっかりと見てその流れに入ることができるようになっていくでしょう。

Rさん、あなたの今年の流れにおいて、あなたは今年さまざまな学びを続けながら、少しずつ少しずつ自分の意識を上げるようになっていくでしょう。まだ自分の心のどこかに理解できていない、分かっていないという意識があり、それによって思いきって学べていない心があります。しかしあなたの魂は学びを求めており、魂は成長することを望んでいるのです。そのためにあなた自身は実感がなく何もできていないと思いながらも学び続けることになります。自分では分かっていない、できていないと思っていても、魂は喜びをもっていること、魂は少しずつ少しずつあなたの中に現れてきてあなたの現実を変えようとしていること、これだけははっきりと理解しておいてください。あなたの日常の行動は魂が仕組み、魂があなたのためにつくり上げているものです。あなたに必要なこと、あなたに大事なことが魂によってつくられ、あなたが体験を続けているのです。したがって自分が体験することにはすべて意味があり、すべてやる必要があること、学ぶこともすべて学ぶ必要があること、それを理解しておいてください。それが分かってくれば魂とのつながりがよりスムーズになっていき、自分にとって必要なこと、魂が体験せよといっていること、そういったことが感じられてきてだんだん魂の思いが自分の体で分かるようになっていきます。こうやって魂とのつながりが強くなっていくとあなたは光の道へ確実に進んでいることになり、魂の思い通りに行動することができれば、それは完全に魂の方向、光の方向と合っていることになります。したがって自分では実感がなかったとしてもすべての体験をそのまま認め、受け入れ、それを良いものとして学んでいく、そういう意識で現実を体験していくと確実に魂につながり、光の道へと進むことができるようになっていくでしょう。

Sさん、あなたは今年大きな変化の時期が何度かあり、その度にあなた自身が何か意識が変わった、何か流れが変わったと感ずることができるようになるでしょう。今年の大きな流れの中に自分の考え方そのものを根本から変えなければならない状況がいくつか現れてきます。これまで自分が信じていた生き方、正しいと思っていた生き方が実際には現実には合わず、考え方そのものを変える必要があること、根本的に生き方そのものを変える必要があること、これが分かるようになっていきます。そういう状況になった時に素直に考え方を変えたり、生き方を変えたりして、これまでとは違う道を堂々と歩んでみる、これができた時明らかに人生の流れが変わり、自分の光とのつながりも変わり、いかにも高い次元世界に向かっている感覚が心で感ずるようになってきます。こういう体験を何度か繰り返していくと、完全に生き方そのものが変わってしまい、また自分につながっている光も新しくなっていることに気がついていくでしょう。こういう経験を繰り返してあなたは光の道へとうまくシフトしていき、自分自身が新しい光の流れに、新しい次元の中に入っていくことが心で分かるようになっていきます。そのためにも何か大きな変化の時にこれまでのやり方にこだわらず、むしろ思いっきり考え方を変えてみて新しいやり方で、新しい生き方で挑戦してみる、そうやって自分自身を新しい光の流れに導くようにしていってください。

Tさん、あなたの今年の流れにおいて、あなたの今年の流れの中にいくつか大きな挑戦の時期が訪れてきます。この大きな挑戦というのは、自分自身の価値観や自分の思い、自分自身に対するいろんな評価の中で、どうしても自分に対して小さく評価してしまう、正当に自分の価値を認められない、正しく自分の価値を認識できないという意識があり、それによって光が流れにくくなっているところがあります。そのために光がやってきてもそれを光と思えず、別の光として見てしまったり、光でないとものとして見てしまう傾向がありました。今年はこの部分のあなたの意識にいろんな仕組みが働き掛けていき、自分を正しく認識できる、自分の価値をしっかりと自分で理解し、自分が光であること、自分が神から与えられた素晴らしい光をもっており、自分の魂は輝いている魂であること、それをはっきりと認識し思い出していきながら、それによって光を取り戻していく、こういう流れが用意されております。あなたがこの流れに入るために、前半の時に二度三度自分自身に目を向ける時期がやってきて、この前半の時にいろんなことに気づき、自分が光であることが理解でき、自分自身をしっかりと認識できるようになると、光の流れに入るような仕組みが動き出していきます。ただ前半これを忘れてしまい、自分が光であること、自分が素晴らしい魂の持ち主であることを忘れてしまうと、秋までの間に何度も何度も思い出させる現象が現れてきて、あなたが本当に光であることを思い出させるように仕組まれていきます。これに気づき自分が修正できると、光の流れがしっかりと動いていき、あなたを光の流れに導くことができます。しかしいつまでたっても自分自身が光であること、素晴らしい魂の持ち主であることを思い出せないままで、またそれ認めないままで過ごしてしまうと、光をしっかりと自分のものにすることができず、自分は光ではない意識に巻き込まれてしまいます。したがって常に自分自身は輝いた光の持ち主であること、魂が素晴らしい光の魂であること、これを忘れることなくこの光と共に歩むようにしていってください。


今日は皆さん方の一人ひとりの今年の流れを見ながらアドバイスをしていきました。人によっては細かな変化の時期を明らかに感ずる場合があれば、人によっては何も変化を感ずることなく、ごく普通に生きていく人もいるでしょう。一人ひとりエネルギーの現れ方が異なるために、必ずしも他の人と自分が同じとは思わないようにしておいてください。

むしろ自分の魂に意識を向け、魂とつながり、自分の人生を通して魂を実感することができるように魂とのつながりを強くもっていってください。それではここまでにいたします、ありがとうございました。

centsun.gif

  Ascension Report



Arghartan Messages
CentralSun  ~2010