20190527 of Central Sun Ascension Report

/銀河連盟/宇宙の歪み/地球は歪みを修正する役割/日本の役割としての歪みの修正/特定に偏っていない自由な精神性/汚染されないように/第四密度の意識に神を宿らせる/

2019/5/27 宇宙交流会

このメッセージのいいねポイントは

偏っていない意識の人たちが日本に呼ばれた


①偏らない思想観でどの国とも仲良く接する

銀河連盟としてお話をします。この広大なる宇宙の中で、地球と地球に関与するほかの星々が新たなる宇宙の仕組みを作るために、計画が進められております。銀河連盟やほかの宇宙の仲間たちが協力し合って、仕組みを進めておりますが、しかしすでに妨害する者たちからのさまざまな攻撃により、計画はなかなか進んではおりません。

この地球においては太古の昔からさまざまな妨害がなされており、計画がなかなか進まない状態にあります。今はさまざまな宇宙から高度なレベルの魂の者たちが地球にやってきて、少しでも地球での計画がうまくいくように協力がなされております。

しかし一度人間に生まれれると、まったく何も覚えていない、何も分からないという状態になるために、進化した高いレベルの星から来た魂でもまったく何も覚えておらず、間違いを犯したり、せっかくの知性を別のところに使ってしまう者たちが多く、現れております。

日本の人々は比較的、心は穏やかで安定な人が多いですが、共通して言えるのは、腰が重い、行動が少し遅いというのがあり、皆がうまくできないと自分もやらない、安全でないと行動しない、このような、どうしても行動力が弱い人種になっております。

もともと日本に生まれている多くの魂の者たちは、あまり物質世界ではうまくいっていない者たちが多いために、物質世界でのうまいやり方が身についておりません。西洋の多くの者たちは物質世界での体験を長く行なっており、そのために行動力があり、すぐに現実化できる、思ったことを確実に成し遂げていく。そういう力には、とても優れたものがあります。

彼らはさまざまな星々で、自分の好きなことを好きなように行動してきて、それなりの満足のいく人生を進めてきました。日本の人々はそれほど多くの体験はしておらず、どうしても行動するときに、何か自信がない、確実性がない、分からないとできない、そういう意識が染み付いております。

日本が抱えている歪み、宇宙の中にあちこちに散らばっている一つの歪みがあり、日本人の担当している歪みは宇宙のさまざまな考え、思想、いろんな思いの存在する中で、どうしても思想観の違い、考えの違い、思いの違いによって、違う文明、違う発想の宗教的な認識、いろんな世界が別々に作られています。

それぞれいろんな星々に分かれていき、星々によって考え方や思想、発想が異なっております。日本の多くの人は、このさまざまな精神性や発想、考え方がある中で、特別にこれという考えをもっていないもの。確実にこうでなければならないとか、こういう考え、こういうやり方、そのように明確に決まったレベルにまだ入ってないもの。そういう者たちが日本に多く生まれてきています。

したがってまだ思想や考え的にみると、明確なものをまだ作り上げていない、作り上げる手前の段階であり、いわゆる偏っていない、まだ一つの考えに固まっていないという精神の状態にあります。

こうよう人たちが日本に多く生まれてきて、考えや思想、自分のいろんな思いにおいて、明確な方向性をまだ決めていない、確実に一つの考えに染まっていない、まだ確実に一つのやり方に執着していない、そういう人たちが日本に集められております。

それによって日本の人々は、これから考えを決めていく、これから考えを作り出す、そういう段階になっており、日本の人々がどういう考えに入っていくか、それが宇宙から監視されております。ほかの国々においては、ある程度、皆、考え方や方向性、思想、いろんなものがある程度出来上がっている者たちほかの国々に集まっております。

それがその国々それぞれの独自の考え方、独自の方向性を決めており、それによって国と国との対立、争い、さまざまなものがぶつかっております。日本の人々は、まだ特定のところまで固まっていないために、どの国ともうまく接することができ、汚染されなければ日本の人々は、まだ自由な意識のレベルで、いろんな国々とやり取りすることができます。

これから日本の人々がどういう考え、どういう思考、精神性に発展していくか、それが宇宙で監視されております。もし日本の人々がどこかの一つの国に支配され、その国の考え方に染まってしまうのであれば、日本の役割はそこで終わることになるでしょう。

しかし、これまで日本の人々はどの国からも完全に支配されたことはなく、またこれからも支配されることはないでしょう。このまだ明確に決まっていない日本の人々の精神、意識の状態において、特別にまだ固まっていない、方向性を決めていないという精神性、考え、思想の段階において、できればこの中立的な自由な意識のままをずっと残し続けてもらう。

この地球にさまざまな国がいて、さまざまな思想、さまざまな民族や考え方がある中で、日本においては特定の考え方、特定の意識に左右されないようにしておき、自由な考え、自由な思想、自由な状態のままでずっと残しておいてもらう。そういう役割として日本が残されております。

もちろんほかの国々からすれば、何らかの工作、いわゆる思想を変えようとする働きや日本人を洗脳させようとする者たちが何度も仕掛けてきて、日本を攻撃をしてくるでしょう。それでも日本は負けることなく、やはり自由な発想、特定の考えや特定に執着しない自由な発想を残し続け、それがいろんな国々との間における自由なやり取りができるよう仕組まれております。

この計画は宇宙のレベルで作られ、宇宙のレベルであまりほかの思想や考え方に染まらない者たちが集められ、日本に降ろされてきました。たまたま日本に生まれたわけではなく、いわゆる精神において自由を維持できる者、洗脳されずに自由に自分らしさを維持し続けることができる者、その人たちが日本に生まれる許可が出され、日本で生活を続けております。

ただこれからも日本に対する攻撃は常に続いていくでしょう。洗脳させようとする者たちが常に日本に入ってきて、日本人を洗脳させようとしていきます。それでも日本人は最後の最後まで負けることなく、自由な発想で、独自の発想で、日本人らしい意識を保持することになるでしょう。

それによって宇宙における一つの大きな役割を演じております。宇宙のほとんどすべての進化した星において、ほとんどの星が破壊の意識を植え付けられ、破壊の意識によってお互いが破壊し合い、最終的には星が破壊されてしまう状態にまで進化を進めていきました。

この太陽系においてもその破壊の意識によって民族がさんざんに破壊されてしまった時期が何度もあります。この地球においても、もし日本がなければ、この地球も破壊の連続になっていたでしょう。日本が特定の方向性、特定の思想、特定の宗教を作り上げていないゆえに、破壊することがなく、破壊されることがなく、なんとか地球が残るように役割を演じております。

この地球がうまく残ることにより、地球の役割として、まだまだ予定されているすべての宇宙の計画が維持できることになります。もし日本が特定の思想やテーマを特定の考えに染まってしまい、ほかの国々と同じような状態になってしまえば、日本は本来の役割を達成することができず、地球自身が役割をなさなくなってしまい、結果的に宇宙そのものがそれを維持することができなくなってしまいます。

したがって、皆さん方自身はこの日本において特定の思想や特定の考え方、特定の何らかの偏った意識、そういったことにならないようにうまくバランスをとりながら、その中で、自由で、人間らしさをうまく表現し、相手の考えを認め、それぞれの自由な発想を認めていく。そういう意識の在り方、そういう人間的な生き方が持続できるように、皆さん方自身が協力しあってほしいと思います。

これからの第四密度という地球の役割に向けて、日本における一つの役割としてこの柔軟な思想、柔軟な発想がありますが、ある程度、第四密度の流れが進んでいくと、天からくる一つの考え、発想、いわゆる神のような一つの意識が日本人の中に降ろされていき、自由な発想の中に神聖さ、神を感じさせる一つの意識、そういったものが定着し、動き出し、日本から神の意識が広がることになります。

そして、神の意識を宿らせるためには、自由な発想、自由な意識、特定の意識に染まっていない自由な考え方そのものが神の意識を降ろせること、それを日本人が具現化していき、日本から神の世界が広がることになります。

第四密度における日本の役割はそのような神の意識を定着させ、広げていく。そして日本から地球に広がり、地球から宇宙へと広げていく。そういう役割のためにも、なるべく素直で純粋な意識、自由な発想、そういったことを今のうちから定着できるように意識を整理していってください。

それではアドバイスしていきます。




※個人アドバイスは省略します。

centsun.gif

  Ascension Report



Arghartan Messages
CentralSunMessage